未来像から自分の将来をデザインする

5a7c361f7dbaa03cdd30c896eabc5597_s

僕たちの周りには20年後の自分を指してくれる人はいません。

まさに自分が未来を切り開いていくしかないのです。

ただ、現在成長期のピークに来ている業界や会社に就職するということは、これからは下りのエスカレーターに乗っているようなもので、会社とともに成長していくのは難しいことになります。

仕事を通じて実現したい自分の未来像を明らかにし、そこに近づいていくためのプロセスを考える過程で、これからも成長し続けるこの会社で未来を描く仲間と共に働けることは、一生涯の糧になります。

将来をデザインし、自分たちで切り開いてける。そんな楽しみを味わうことができるでしょう。